環境への取組み

あおもりECOにこオフィス認定

「あおもりECOにこオフィス認定」とは、省エネやレジ袋の削減など、環境に配慮した取り組みを行っている事業所等をあおもりECOにこオフィス・ショップとして県が認定するシステムです。
<ECOにこオフィスへの取組み>
①エアコン温度28℃設定
②クールビズの実施/本社事務所内で(7月~9月)期間実施
③節電への取組/外出時・昼休みは照明を消す
④紙の両面使用の徹底等による紙の使用量削減、古紙リサイクルの推進
⑤ゴミの分別の徹底

青森県ふるさとの水辺サポーター制度認定

「青森県ふるさとの水辺サポーター制度」(青森県土整備部河川砂防課)は住民・企業等の団体のボランティアを募り、美しい河川・海岸の環境を保護しようという制度です。当社も河川・砂防指定地・海岸の「水辺サポーター」として行政、地域住民と協力し東北町の環境美化に貢献しています。これとは別に年2回、全従業員での道路沿線のゴミ拾いや、地域の清掃活動に積極的に参加しています。

青森県県有林J-VERクレジットの認証

青森県では、八甲田山麓の北部に位置する八重菊県有林で「青森県県有林森林吸収プロジェクト(幸せの青い森プロジェクト)」を実施し、環境省が運営するJ-VERクレジットの認証を受けました。本プロジェクトは当社も協力しており、水源かん養保安林や水源保護区域に指定されている八重菊県有林の保全を通して、地球温暖化の防止に貢献するだけでなく、水源の森としての機能を守ることを目的としています。

もったいないあおもり県民運動への参加

「もったいない・あおもり県民運動」は、県民や事業者、各種団体、行政など多様な主体がパートナーシップのもと、これまでのライフスタイルを見直し「もったいない」の意識をもって、ごみの減量やリサイクルに取り組んでいこうという目的で、平成20年にスタートした県民運動です。この運動に当社も積極的に参加しており、地球温暖化対策と3Rの推進により低炭素・循環型社会をめざしていきます。

地域への貢献

「消防団協力事業所」認定

「消防団協力事業所表示制度」とは、事業所の消防団活動への協力が社会貢献として広く認められると同時に、事業所の協力を通じて地域防災体制がより一層充実されることを目的とした制度です。当社は認定団体として「東北町を災害から守る」という使命感のもと、地域の防災リーダーとして幅広い活動を行っています。有事の際には消防団としての活動に従事し、自社所有の資機材などを消防団活動に提供するなどの体制を組んでいます。

災害対応

大規模災害時における応急対策業務に関する協定

「大規模災害時における応急対策業務に関する協定」とは、地震等異常な自然現象等により大規模災害が発生した場合において、青森県建設業協会に対し、農林水産部及び県土整備部が管理する公共施設の応急対策業務の実施に関し、協力を要請するため必要な事項を定めたものです。 様々な災害に対応するため、青森県建設業協会を通じて「大規模災害時における応急対策業務に関する協定」を締結しています。 当社は、地震・風水害・その他災害に対応するため、この協定を締結しています。

緊急時のための訓練実施

当社では、河川の氾濫・道路施設の応急復旧のため、緊急時に速やかに対応できるよう訓練を行っています。

安全衛生

安全大会の実施

当社では、東北建設グループ・協力会社が一体となり、安全・衛生の水準を向上させるため、毎年6月に「安全大会」を実施しています。

雇用の促進

インターンシップの受け入れ実施

当社では、若手技術者は将来の地域づくりに不可欠であると考え、インターンシップ制度を採用しています。地元の高校生を迎え、建設業の重要性や仕事のやり方などの理解を深めてもらう「職場体験」や「見学会」を実施しています。

各種表彰

2016年6月16日 青森県土木整備部

2015年7月1日 東北防衛局

2013年7月10日 東北防衛局

2012年2月28日 青森県農林水産部

2011年10月13日 東北地方整備局

2010年7月1日 東北防衛局